中間処理
ホーム会社概要許認可一覧環境整備解体工事 除去・撤去作業中間処理最終処理処理フロー設備概要計量証明書お問い合わせ

中間処理能力

混合廃棄物(選別、破砕)

新築建築現場・工場などの事業所からの産業廃棄物を処分します。持ち込まれた産業廃棄物は、目視による選別を経て、磁選機、振動ふるい機、風力選別スクリーンを用いて再利用が出来るように品目毎、性状毎に分けていきます。本施設のリサイクル率は85%〜91%で推移しています。全ての選別・破砕作業の終了後に残ったリサイクル不適物は当社の最終処分場において埋立処分をする事で、発生から処分まで一貫した廃棄物の管理が可能になります。

廃石膏ボード 瓦・レンガ・窯業サイデイング 木くず 伐採・抜根材・枝葉 廃プラスチック

最大処理能力 121.5t/日 保管面積 142.4m2 保管容量 248.4m3

廃石膏ボード

解体現場・新築現場から出る石膏ボードの破砕を行い、紙と石膏に分けています。破砕後の紙は敷料として畜産農家などに出荷しています。石膏分は水分調整材として再利用しています。

破砕 破砕材敷料   破砕材水分調整材

ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(中間処理・破砕)、廃石膏ボード
最大処理能力 20t/日 保管面積 90m2 保管容量 247.5m3

瓦・レンガ・窯業サイデイング

廃瓦・廃レンガ・窯業サイデイング等の破砕を行っています。2つの破砕機を使って、再生砕石・再生砂を作っています。再生砕石は、路盤材、埋戻し材に、再生砂は、覆土材、埋戻し材や裏込め材に使用しています。

破砕 1 破砕材
再生砕石・再生砂
 

ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類(中間処理・破砕)
最大処理能力 416t/日m3 保管面積80m2 保管容量 178.7m2

木くず

解体現場、新築現場から排出される木くずの破砕を行っています。1次破砕機でチップを作っています。チップはセメント工場の熱利用プラントに出荷し再利用しています。また用途に応じて2次破砕機で、オガ粉の作成をしています。オガ粉は畜産農家へ敷料として出荷しています。

破砕 チップ
燃料チップ
  オガ粉
家畜
敷材
  バーク
土地
改良材

木くず(中間処理・破砕)
最大処理能力 290.9t/日 保管面積 410m2 保管容量 1022.9m3

伐採・抜根材・枝葉

解体現場・土木工事・造園工事から出た、樹木の伐採・抜根材・枝葉を破砕しています。ウッドチップ、樹皮チップを作成し、果樹園や農園においてマルチング工法の資材として再利用しています。

破砕 バーク土地改良材

木くず(中間処理・破砕) 
最大処理能力 290.9t/日 保管面積 410m2 保管容量 1022.9m3
一般廃棄物(処分)

塩ビ管・廃プラスチック

解体現場・工場などの事業所からでる、塩ビ管や廃プラスチックを破砕してペレットにして出荷します。発生元で分別作業をして頂き、破砕前に目視により異物の混入を防いでいます。

破砕 破砕材
ペレット原料
 

中間処理(破砕) 廃プラスチック   
最大処理能力 30.7t/日 保管面積 58m2 保管容量 144.5m3

廃発泡スチロール

解体現場・工場などの事業所から出る、発泡スチロールを溶融してインゴットとして出荷しています。インゴットはプラスチックの原料として再利用されます。

破砕 難燃発砲ブロック
ペレット原料

安中リサイクルセンター

混合廃棄物

廃石膏ボード

木くず

伐採・抜根材・枝葉

塩ビ管・廃プラスチック 廃発砲スチロール

瓦・レンガ・窯業サイデイング

中間処理能力